• ホーム
  • 早漏を改善!射精をコントロールする方法

早漏を改善!射精をコントロールする方法

早漏の悩みを効率よく解決する方法は治療薬を飲むことですが、日常的にペニスを鍛えるようにすると治療薬の効果をより高められるようになります。
性行為をするときに、毎回どうしても短時間で射精してしまう男性は治療薬に頼らざるを得ませんが、たいていの男性はペニスを鍛えることで射精時間を遅らせることができるのです。
意識的に射精をコントロールすることが非常に大切だといえます。

早漏の原因は人それぞれで、必ずしもペニスの問題とは限りません。
ストレスが溜まっていたり、体調が悪い中で性行為をしたりすれば、正常に射精できなくなっても仕方ないと考えられます。
しかし万全の体調で性行為に臨んだのに数分で射精してしまうようなケースは、ペニスを鍛えることで大きく改善する可能性があるのです。
ストレスを軽減して体調を整える努力をしながら、しっかりとペニスを鍛える必要があります。

ペニスを鍛えることが大切だといっても、やり方が間違っていると逆効果になりかねません。
早漏対策でとりわけ勘違いしている人が多いのは、ペニスに強い刺激を加えすぎてしまうことです。
強い刺激に慣れておけば性行為のときの刺激が遅れて伝わるようになる、と思っている男性がいますが、これは正しくありません。

ペニスを鍛える方法は大きさで悩んでいる男性が多く用いています。
鍛えることで大きくなる効果が期待できるのです。
しかし早漏の悩みを改善させることにも大きく貢献します。
早漏の問題で関わってくるのはPC筋という筋肉です。
PC筋にはペニスの血流をコントロールする働きがあり、PC筋を鍛えることで射精を遅らせられます。

また、肛門をしっかり締めることも意識しなければなりません。
排尿するときは肛門を締めることが自然にできますが、性行為や自慰行為となると無意識にはできないものです。
PC筋を鍛えるときには肛門を締めることも同時に意識することで、さらにペニスを鍛える効果が高まります。

早漏の原因にペニスの大きさは関係あるのか?

早漏の悩みを抱えている男性は、ペニスの大きさにも悩んでいることが多いです。
ペニスが小さいから必ず早漏になるというわけではないものの、全く関係がないということもありません。
なぜなら、ペニスが小さければ小さいほど少しの刺激が強く感じられてしまうものだからです。
射精を遅らせるためには刺激が伝わりにくくすることが不可欠なので、ペニスは大きいに越したことがないといえます。

早漏改善を図るためにPC筋を鍛えるのが有効ですが、しっかり鍛えるように意識しているとペニスのサイズアップにつながる可能性も出てくるのです。
射精時間が遅れる効果とペニスが大きくなる効果が同時に現れるということは、やはりペニスの大きさが早漏と関係している証拠だといえます。

PC筋を鍛える際は肛門を締めることが大切なのですが、少し締めただけで緩めてしまうのでは意味がありません。
ある程度の時間はキープする必要があるのです。
しっかり肛門を締めた状態をキープし、再び緩めるというトレーニングを続けていきます。
十分にキープすることができると、肛門だけでなくペニスの方もコントロールしやすくなるのです。

毎日の食事を見直すことも欠かせません。
ストレスや栄養不足から射精のトラブルにつながるケースも少なくないため、しっかりと栄養価の高い食事を心がけることが大切です。
摂取するべき栄養素としては、たとえばトリプトファンが挙げられます。
トリプトファンは睡眠の質を高めたい人が摂取する栄養素の1つです。
睡眠の質が高まれば体調も整いやすくなるので、結果的に性的な機能にも良い影響が出てきます。

トリプトファンなどの栄養素を摂取しながら適度なペニスのトレーニングをすると、サイズアップや早漏改善の効果に結びつきやすいです。