• ホーム
  • スタート・ストップ法で早漏を治してみせる

スタート・ストップ法で早漏を治してみせる

考えている男性

早漏の男性は誰にも相談できずに一人で悩んでしまうことも多いですが、1人で悩んでいるとどんどん気持ちがネガティブになり、性行為の時に射精が早くなったらどうしようと思い、より射精がコントロールできなくなります。
早漏の悩みは1人で悩んだりせず、パートナーに相談してみて二人で一緒に改善するといいでしょう。

早漏改善を薬に頼る人もいますが。
薬は副作用があるので抵抗があるという人は、マスターベーションのやり方を工夫をしてみることも大事です。
マスターベーションならばパートナーにも内緒で、こっそりトレーニングできるので、パートナーに早漏だという事を知られないうちに早漏が改善ができます。

マスターベーションで早漏を改善する方法は、短期間で効果がすぐに出るわけではなく。
長いスパンが必要になります。
あせらず長いスパンをかけてじっくりトレーニングをすることで、薬に頼らなくても性行為がうまくいくことが可能です。

早漏を改善する方法として、スプレーやグッズを使用する方法もありますが、肌に直接塗ったり装着するものなので抵抗を感じる人もいます。
そこでおすすめしたいのが早漏を防止するトレーニングです。

スタート・ストップ法は早漏を防止するトレーニングとして人気があります。
なぜスタート・ストップ法が人気があるかというと、パートナーに協力してもらわなくても、1人でも簡単にトレーニングできるからです。
他のトレーニングに比べて、比較的長いスパンで続けられることも人気がある理由の一つです。

早漏になる原因として、間違ったマスターベーションの方法が挙げられます。
家族と同居している人は、つい急いで射精をしたくなりますが、性行為の時も身体に射精時間が刻まれているので早漏の原因となります。

スタート・ストップ法でマスターベーションを行えば、早漏改善の効果がありますが、気をつけなければいけないのは、射精の瞬間を我慢するので、どうしても挫折してしまうことです。
強い意志を持つことで早漏が改善しやすくなります。

スタート・ストップ方の正しいやり方

スタート・ストップ法のやり方ですが、1人でやるマスターベーションの場合は陰茎を刺激し、射精感が込み上げてきたら手を止めます。
しばらくして射精感が落ち着いたら再度陰茎を刺激してください。
再度射精感が込み上げてきたら手を止めて、しばらくマスターベーションを休みます。
これを4~5回繰り返しこの方法で、射精をコントロールする感覚をつかむことが大事です。

1人でスタート・ストップ法を試すのは、かなり難しいですが、無理をせず長いスパンでじっくりトレーニングするとうまくいきます。
圧迫して射精感を抑える方法ではないので、逆流などの危険性が少ないことも人気の高い理由です。

パートナーに協力してもらえる場合は、性行為の時にいきそうになったら行為を中断してしばらく待ちます。
射精感が落ち着いてくるまで休憩しますが、落ち着いてきたら再度性行為を行い、またいきそうになったら休みます。
それを4~5回繰り返しトレーニングをしてください。
パートナーに協力してもらう方法は、気持ちの良さの方が勝ってしまい、我慢できずに射精をしてしまうこともあるので注意が必要です。

スタート・ストップ法は誰にもできる簡単なトレーニング方法ですが、短期間で効果がでるものではないので、長く続けることが重要になります。
長いスパンで繰り返すことで、自律神経が鍛えられるので、早漏を根本的に改善するには有効な方法です。

早漏になる原因として間違ったマスターベーションのやり方がありますが、時間をかけてゆっくりとマスターベーションをすることで早漏の改善につながります。
自分の指だとどうしても早く射精をしがちですが、オナホールやローションなどのグッズを使うことでじっくり時間をかけておこなうことができます。